うつはとてもやっかりな病気なので早期発見と対処がとても大切

未来に向けて

うつ病の種類と今後の予測

うつ病にかかる人が多くなるにつれて研究が進みうつ病も種類別に細分化されていくようになりました。 うつ病は今では多くの種類がありますが、大きく分けると2種類になります。 1つ目は単極性のうつ病です。この種類では抑うつ状態が出現します。 もうひとつは双極性うつ病です。こちらは抑うつ状態のみではなく躁状態も出現してきます。 現在よく聞くうつ病はこの2種類から細分化されたものとなっています。 これらの病気ですが、症状は体重の増減、疲れやすさ、不眠、興味関心の低下などどちらの場合でも症状はだいたい同じものとなっています。 これらの見分け方、判別方法は素人では難しくわかりません。 自分がどの種類の病気なのか心療内科の医師に聞くとよいでしょう。

病気の治療法で注意する点

どの種類のうつ病でも基本的な治療方法は同じものとなっています。 基本的には薬による薬物療法とカウンセリングによる認知療法です。 この2種類を医師との相談の元で決め治療を行っていきます。 これらの治療で注意する点は、途中で勝手に治療をやめないことです。 途中でやめてしまうと治りかけていたうつ病が酷くなってしまう場合があります。 この他、カウンセリングによる認知療法が治療に含まれていない人は 出来る限りこちらも合わせて行うことをお勧めします。 薬による治療でも治すことは可能ですが再発するリスクがあります。 認知療法はうつ病の根本的な原因を取り除く方法なので、おこなうことで再発を防げます。 また、うつ病患者が増えるにつれて民間療法が増えてきました。 こちらも、安易には行わずまずは医師に相談することをオススメします。

終わりの見えない治療費

うつ病はいわばいつ終るかわからない病気です。 骨折や怪我なら目に見えて治るのがわかりますが、精神の病気は本人ですらいつ終るかわからない病気です。 種類もたくさんあるので、一つ終ってももしかしたらまた別のうつになるかもしれません。うつ病の基本的な治療は健康保険の対象なので患者は3割負担になりますが、それでも一月、一年と治らない上に、治療費がかさむとなると治る病気も治らずにまた違う種類の病気を併発してしまいそうです。 こういったうつ病患者の救済する制度もありますので、市町村の役場などにきちんと問い合わせするか、インターネットなどで情報を入手することが大切です。 うつになって病気で働けなくても、自立支援をする制度を知っていれば少しは心が落ち着いて治療に専念できるのではないでしょうか。

ページのトップへ戻る