うつはとてもやっかりな病気なので早期発見と対処がとても大切

未来に向けて

うつ病にかかる人が多くなるにつれて研究が進みうつ病も種類別に細分化されていくようになりました。判別方法は素人では難しくわかりません。カウンセリングを行うかどうかなどが大切になってきます。

» 詳細を確認する

注意する必要

うつ病は気分が落ち込み身体が思うように動かない状態が何日も続く病気を指します。種類は多いですが、うつ病かどうかの判別は自分で判断することも可能です。気になったら受診をするのが良いです。

» 詳細を確認する

ストレスからくる

ストレスが原因でうつ病にかかることがありますが、ストレスと言っても、化学的ストレスや温度と湿度のストレスなど、その種類は異なります。ストレスを抱え疲れている状態が続くと神経伝達物質の働きが十分ではなくなります。

» 詳細を確認する

どんな悩みも解決する!

単純に分類できない

心の病と言われているうつ病には種類がたくさんあり、原因や症状も変わってきます。

うつ病の種類についてどれが自分に当てはまっているのか調べてみませんか?適切な治療法を選びましょう。

単純には分類できないうつ病

一言でうつ病と言っても、さまざまな種類があるのはご存知ですか。 国際疾病分類第10改訂版(ICD-10)において示されているうつ病エピソードの種類の中でも軽症、中等症、重症のほか、その他や該当しない詳細不明なものもあります。その他の種類にあるものに、抑うつよりもしびれや頭痛など身体症状が先に現れる「仮面うつ」や老年期に移行するにあたって、社会的な立場の変化やホルモンの変化に伴って発症する「退行期うつ」、今話題の新型うつ病のことを指す「非定型うつ」などがあります。 これらは一見するとうつ病には見えないので、気づかれなかったり、誤解されたりすることがあります。それもそのはず、最近になってこのような多種類のうつ病があることがわかってきたからです。

複雑さは増すばかり今後はどうなる

よく話題になっている若者に多い新型うつは、最近になって急に出てきたように感じるかもしれませんが、実は非定型うつという以前から明らかになっていたものの1つです。そのメカニズムは嫌な記憶のフラッシュバックの繰り返しにより、同じ場面に遭遇するとその時だけ過剰なストレスを感じてうつ状態になるというものです。 これは若い人が社会に出るまでに大きな挫折を感じることなく、打たれ弱いままで突然強いストレスで心に傷を負うことによると見立てられていて、いわゆるPTSD状態になることで発症すると言われています。 また、うつ病になるのは単一原因ではなく、パニック障害やほかの疾患が紛れていることも多いと言われています。このようなことから、今後うつ病の種類がさらに増えていくかもしれません。

うつ病には沢山の種類がある

うつ病になる原因が様々で精神的や体の歪みやストレスで起こりますし、誰でもなりうる可能性がある病気です。多数の種類があります。 うつ病の種類は、体に変化が出てきてめまいや痛みやしびれなどでうつ病とは気づきにくい症状、非定型うつ病で若い方に多いうつ病、退行期型は老年期から起こると言われて更年期うつ病とも言われています。 このように様々な原因や症状の違いなどの種類があります。 先ずは、うつかもしれないと気づかれたり、友人、知人、家族が気づいたりされたらカウンセリングを受ける事をお勧めします。 最近はネットでチェックなどありますので、定期的に確認されると早期発見、早期治療になり、大変便利ですで利用してみる価値はあります。 相談事なども受け付けているHPなどがありますので利用してみましょう。

早期発見、早期治療が最も良いです。

うつ病かもしれないと思ったらカウンセリングされて、診断結果で沢山の種類の内のうつ病と判断されても落ち込まず、友人、知人、家族の協力を得て利用しましょう。うつ病を抱えたまま日常生活や仕事などされている方も大勢います。 ストレス社会の現代では、うつ病患者が増加の傾向にありますので、自分1人ではないと考え落ち込まず、悩んでいないで専門家のカウンセリングで悩みや原因になったきっかけ等話されると良いです。質問等にも親切に親身になって応対してくれます。 ネットで探されるも良し、口コミ等で有名な医療機関を選ばれるのも良し、ネットチェックされてから不安になり、カウンセリングに行かれるも良し、自分で判断したり、周りの方の気づきで勧められて受けられるのも良い方法です。

うつ病治療の診療費が大変

うつ病には様々な種類があります。精神的症状が主になります。不安、悲しみ、焦りといった感情が特徴です。見た目は普通と変わらないので気づかれにくく発見が遅くなる場合があります。身体の症状も眠りが悪くなったり、食欲がなかったり、逆にありすぎたりと種類が多すぎてうつ病だからこの症状という決まったものがなくこれもうつ病と気づくのが遅くなる原因となっています。 そしてうつ病と診断されたら病院に通わなければいけませんが、仕事ができなくなった人にとって医療費はすごい負担になります。 そこで精神病の治療に医療費が免除される制度があります。 通院医療費公費負担制度と言うものがあります。これは精神病を患った人の社会復帰を目的とした支援制度になりますので、自分の住んでいる地区の役所に申請すれば貰うことができるようになります。

知って日常を変える

うつ病は、抑うつ症状の重さや、幻聴、幻覚などの精神病症状の有無によって、6つの種類に分けられます。しかし、もし種類について、医師から説明を受けられない場合でも、気にする必要はありません。

» 詳細を確認する

特徴と傾向

うつ病は内因性と一般的にノイローゼという病名で知られている神経症性の二種類に分ける事ができます。どちらかによって有効な治療法は変わってきますので、認識することが大切です。

» 詳細を確認する

ページのトップへ戻る